Life is beautiful

自由に書いていきます。

ナンパをやめて気づいたこと

近頃は時間を勉強に集中投下している。

仕事を除いた時間は、図書館かスターバックスで意識高めにMacBook Airでポチポチしている。

すると自然とナンパからは足が遠のいた。

 

 

ナンパを長くしないと感覚が鈍る。

可愛い女の子とすれ違っても、引き返して声をかけようと思えなくなる。

「今の女の子、可愛いな」と思って数分後には忘れている。

まあ、世間ではこれが普通だろうw

至って普通のことで、何も問題はない。

 

そんな中、「ナンパをやめて気づいたこと」というタイトルで記事を書いた。

なぜこのようなタイトルとしたのか。

ナンパをやめたことで

 

「カッコイイ男でいたい」

 

という気持ちが薄れていることに気がついたからだ。

最近の生活を振り返ってみると、思い当たる行動がいくつもあるのだ。

ここ最近でやめてしまった習慣をいくつか挙げてみよう。

・筋トレ

・目標を声に出して読む

・ストレッチ

・炭水化物の制限

 

そして最近の悪しき習慣を挙げてみよう。

・オナニー

・夕食の過食(寝る時にお腹が苦しいと感じるくらい)

 

僕がいわゆる「意識高い系」となってしまったが故に、このようなことを感じているだけなのかもしてない。

けれどもナンパをしてた時、即ち「カッコイイ男になりたい」と思って生活していた時の方が精神衛生的にもコンディション的にも良かった。

勉強もはかどった気がする。

 

「じゃあやれよ」ってツッコミはご容赦いただきたいw

 

ナンパをすると、日常に程よい緊張感が生まれる。

それが大切なことだったのではないかと感じている。

もちろん、自分がやるべきことに集中することが大切なのは言うまでもない。

けれども日常の範囲内で、ナンパをしていくことは僕にとって意味のあることだったのだと考えている。

 

よって、無理のない範囲でナンパをします!

 

これだけのことを言いたいがために、久しぶりにブログを書いたW

程よい緊張感を楽しみつつ、勉強を頑張っていこう。